Return to top Japanese English
経歴・
学術活動
photo

目次

commentにカーソルを合わせると,コメントが別ウィンドウで表示されます(現在のページを表に出すと消えます).

経歴

1964年12月 大阪生
1983年3月31日 大阪府立大手前高等学校卒業
1983年4月1日 大阪大学工学部応用物理学科入学
1987年3月26日 同 卒業
1987年4月1日 大阪大学大学院工学研究科応用物理学専攻博士前期課程入学
1989年3月24日 同 修了
1989年4月1日 大阪大学大学院工学研究科応用物理学専攻博士後期課程入学
その間
1990年9月3日〜10月31日
ソ連(現・ロシア)科学アカデミー情報伝達問題研究所客員研究員
非線形画像フィルタの解析を研究
1991年4月1日〜1992年3月31日
日本学術振興会特別研究員DC(数物0332)
1992年3月25日 同 修了
大阪大学より博士(工学)の学位を授与
学位論文題目「非線形画像フィルタの解析と設計に関する研究」
1992年4月1日 九州工業大学情報工学部機械システム工学科助手
精密計測の実験指導を担当
非線形画像フィルタの最適化などの研究に従事
その間
1993年6月1日〜1994年3月31日
大阪大学レーザー核融合研究センター共同研究員
1994年5月1日〜1995年2月27日
フィンランド国立研究センター(VTT)情報工学研究所客員研究員(文部省在外研究員)
非線形信号処理の睡眠解析への応用を研究
1998年4月1日 広島大学総合科学部助教授(数理情報科学コース(2000年度より数理情報科学講座)所属,大学院工学研究科情報工学専攻担当)
統計学・数理科学の講義を担当(学部・大学院)
モルフォロジーにもとづくテクスチャモデル,統計的物体同定,感性工学,歯科X線画像処理,画像表現形式の理論的研究などに従事
その間
2001年4月1日
広島大学大学院工学研究科の部局化・改組にともない設置審の審査を受け,博士課程研究指導・講義担当適格者(博士マル合)となる
情報工学専攻に協力講座として所属しパターン情報処理の講義を担当
2005年7月1日
広島大学総合科学部教授
2006年4月1日
大学院総合科学研究科の発足にともなう改組により,広島大学大学院工学研究科教授となり,情報工学専攻に所属し,総合科学部数理情報科学プログラムを担当
2010年4月1日
広島大学大学院工学研究科の改組による教員組織と教育組織の分離にともない,所属教員組織が広島大学大学院工学研究院情報部門となる
2011年9月1日
関西大学総合情報学部教授

受賞

  • 1993年12月9日 第24回画像工学コンファレンス優秀ポスタ賞
    論文名「多値画像・多値構成要素数理形態学フィルタの学習による設計」
  • 2007年10月12日 Excellent Paper Award, International Conference on Kansei Engineering and Emotion Research 2007 (KEER2007),
    C. Muraki Asano, A. Asano, and T. Fujimoto, "Morphological Texture Manipulation and Human Visual Impressions"

指導学生の受賞

学会の委員等(現在)

学会の委員等(これまで)

  • 電子情報通信学会
      「インテリジェント信号処理」第3種研究会幹事 (1996. 5 - 1998. 3)
      とくにウェブサイト,メーリングリストサーバの構築に従事
    • 英文論文誌A分冊 "Special Section on Intelligent Signal and Image Processing" (2000年2月号) 編集委員 (1999. 3 - 2000. 2)
    • 英文論文誌D分冊 "Special Issue on Recent Advances in Circuits and Systems" (2005年7月号) 編集委員 (2004. 11 - 2005. 7)
    • 情報・システムソサイエティ パターン認識・メディア理解(PRMU)研究専門委員 (2004. 5 - 2008. 5)
    • 英文論文誌A分冊 "Special Section on Signal Processing" (2008年8月号) 編集委員 (2007. 12 - 2008. 8)
    • 英文論文誌A分冊 "Special Section on Latest Advances in Fundamental Theories of Signal Processing" (2009年3月号) 編集委員 (2008. 5 - 2009. 3)
    • 英文論文誌A分冊 "Special Section on Recent Topics in Signal Processing" (2010年8月号) 編集委員 (2009. 10 - 2010. 8)
    • 英文論文誌A分冊 "Special Section on Smart Multimedia & Communication Systems" (2010年11月号) 編集委員 (2009. 12 - 2010. 11)
    • 英文論文誌A分冊 "Special Section on Smart Multimedia & Communication Systems" (2011年11月号) 編集委員 (2010. 12 - 2011. 11)
    • 英文論文誌A分冊 "Special Section on Smart Multimedia & Communication Systems" (2012年11月号) 編集委員 (2011. 12 - 2012. 11)
    • 英文論文誌A分冊 "Special Section on Smart Multimedia & Communication Systems" (2013年11月号) 編集委員 (2013. 1 - 2013. 11)
    • 英文論文誌A分冊編集委員 (2009. 5 - 2013. 5)
    • 基礎・境界ソサイエティ スマートインフォメディアシステム研究専門委員 (2007. 5 - 2014. 5)
    • 基礎・境界ソサイエティ 信号処理研究専門委員 (2008. 5 - 2014. 5),画像グループリーダー (2009. 4 - 2013. 7)
  • 日本光学会
    • 会員 (1992. 5 - 1999. 12)
    • 日本光学会イメージサイエンス研究グループ幹事 (1994. 4 - 1999. 3)
      とくにウェブサイト,メーリングリスト・メールマガジンサーバ,会員データベースの構築に従事
  • 応用物理学会会員 (1988. 3 - 1999. 12)
  • SPIE会員 (1996. 8 - 2000. 12)
  • 映像情報メディア学会会員 (1998. 10 - 2009. 6),論文編集委員会査読委員 (2000. 6 - 2006. 5), OB査読委員 (2006. 6 - 2009. 6)
  • 画像情報学フォーラム会員 (2007. 6 - 2011. 3)

社会活動等(現在)

社会活動等(これまで)

研究集会等での委員

2002年以前

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年以降

※整理中

競争的資金・外部資金獲得(科学研究費)

代表

  • 奨励研究(A) (特別研究員) 「非線形画像フィルターの研究」  1,500千円 (1991)
  • 奨励研究(A) 07750058 「数理形態学を応用した画像の主観的輪郭の研究」 1,000千円 (1995)
  • 基盤研究(B)(展開)11558027 「画像の特徴量を用いた統計的個体識別システムの開発」 5,300千円 (1999-2001)
  • 奨励研究(A) 12750337 「テクスチュア画像のモデリングに関する研究」 1,700千円 (2000-2001)
  • 若手研究(B) 14750297 「モルフォロジーにもとづくテクスチャ画像の記述に関する研究」 2,500千円 (2002-2004)
  • 基盤研究(C) 20560357 「マセマティカル・モルフォロジを基盤とする,知的情報メディアシステムの創出」 直接経費3,600千円 (2008-2010)

分担

  • 基盤研究(C) 11640120 「ウェーブレットを用いたべイズモデルによる時系列データのノイズ低減」(代表:西井龍映) (1999-2000)
  • 基盤研究(C) 13640117 「空間多変量データの統計モデルの探索と判別分析」(代表:西井龍映) (2001-2002)
  • 基盤研究(C) 15540122 「マルコフ確率場と学習理論の融合による空間データの判別分析」(代表:西井龍映) (2003-2004)
  • 基盤研究(B) 17300070 「アパレル材料に対する感性情報のモデル化ならびに客観的評価システムの開発と応用」(代表:藤本尊子) (2005-2007)
    ※分担者に経費を配分.浅野への配分額は2,625千円.
  • 挑戦的萌芽研究 25670800 「パノラマX線画像におけるG型フーリエ記述子を用いた頸部石灰化の自動検出手法の構築」(代表:内田啓一) (2013-2014)
    ※分担者に経費を配分.

競争的資金・外部資金獲得(その他)

  • 財団法人マツダ財団 研究助成 「三次元マルチ・マットフィルタによる物体認識システムの開発」 2,200千円 (1993-1994)
  • 財団法人電気通信普及財団 海外渡航助成 430千円 (1995)
  • 社団法人明専会 海外渡航助成 254千円 (1996)
  • 財団法人井上科学振興財団 海外渡航助成 210千円 (1998)
  • 財団法人電気通信普及財団 海外渡航助成 270千円 (2002)
  • 財団法人広島大学後援会 海外渡航助成 194千円 (2002)
  • 財団法人井上科学振興財団 国際研究集会出席旅費助成 250千円 (2003)
  • 文部科学省 国際研究集会派遣研究員 (他助成受給のため辞退) (2003)
  • 平成16年度後期 広島大学研究支援金 「歯科用パノラマX線写真を用いた多臓器疾患の自動診断」 1,500千円 (2004-2006)
  • 平成18年度8020推進財団公募研究 「インターネットを用いたパノラマX 線写真による骨粗鬆症診断のための遠隔教育システムの開発」(代表:田口明) 300千円 (2006)
  • 国際協力機構(JICA) インドネシア共和国スラバヤ工科大学情報技術高等人材育成計画第1バッチ 受託事業費 2,643千円 (2006-2007)
    間接経費を含みますが,間接経費に見合う金額の学内経費の配分を受けています.
  • 第24回(平成18年度)カシオ科学振興財団研究助成「歯科パノラマX線画像を再利用する多臓器自動診断システムの開発」 1,000千円 (2006)
  • 国際協力機構(JICA) インドネシア共和国スラバヤ工科大学情報技術高等人材育成計画第3バッチ 受託事業費 2,190千円 (2008-2009)
    間接経費を含みますが,間接経費に見合う金額の学内経費の配分を受けています.

研究員の滞在

  • Dr. Alexander Tuzikov(ベラルーシ科学アカデミーエンジニアリングサイバネティックス研究所) 日本学術振興会外国人招へい研究者(短期)S00094 (2000)
  • Dr. Joko Lianto Buliali(スラバヤ工科大学) 国際協力機構(JICA)インドネシア共和国スラバヤ工科大学情報技術高等人材育成計画 研修員 (2006)
  • Mr. Darlis Herumurti(スラバヤ工科大学) 国際協力機構(JICA)インドネシア共和国スラバヤ工科大学情報技術高等人材育成計画 研修員 (2007)
  • Dr. Agus Zainal Arifin(スラバヤ工科大学) 国際協力機構(JICA)インドネシア共和国スラバヤ工科大学情報技術高等人材育成計画 研修員 (2008)
  • Ms. Dini Adni Navastara(スラバヤ工科大学) 国際協力機構(JICA)インドネシア共和国スラバヤ工科大学情報技術高等人材育成計画 研修員 (2009)
  • Ms. X. Arputha Rathina (B.S. Abdur Rahman University) (2010)

博士論文審査

主査

  • Agus Zainal Arifin, "Development of Computer-Aided System for Diagnosing Osteoporosis Using Dental Panoramic Radiographs," 広島大学大学院工学研究科 (2007).
  • Febriliyan Samopa, "Tooth Shape Measurement on Dental Radiographs for Forensic Personal Identification," 広島大学大学院工学研究科 (2009).
  • 李亮, "Texture Analysis Based on Human Visual Perception and Mathematical Morphology," 広島大学大学院工学研究科 (2011).

副査(広島大在籍時の指導学生で,関西大への異動後に学位を取得)

  • Muthu Subash Kavitha, "Automatic system for diagnosing osteoporosis based on dental panoramic radiographs using statistical classification techniques," 広島大学大学院工学研究科 (2012).
  • 郭小英, "Modeling the perception of visual complexity of texture images and painting images," 広島大学大学院工学研究科 (2013).

副査

  • 草信佐栄子, "Spatial Data Analysis Based on Statistical Methods," 広島大学大学院工学研究科 (2000)(主査 西井龍映教授).
  • Ben-Zion Shaick, "Reliable Detection of Inexactly Known Objects in Clutter Images," Tel Aviv University, Israel (2004)(主査 Prof. Leonid P. Yaroslavsky).
  • 梁雪峰, "Fingerprint Image Analysis Using Computational Geometric Techniques," 北陸先端科学技術大学院大学情報科学研究科 (2006)(主査 浅野哲夫教授).
  • Md. Mahfuzur Rahman, "Research and Development of Topology-Based Watermarking Method for 3D Triangular Mesh Model," 広島大学大学院工学研究科 (2006)(主査 原田耕一教授).
  • 陸淑杰, "Construction of Partially Balanced Fractional 2m1+m2 Factorial Designs of Resolutions R({00, 10, 01}∪Ω*|Ω) and GA-optimal Designs," 広島大学大学院工学研究科 (2007)(主査 桒田正秀教授).
  • Roshan Dharshana Yapa, "A Mammographic Image Processing and Stellate Lesion Detection Method," 広島大学大学院工学研究科 (2008)(主査 原田耕一教授).
  • Taufik, "A Study on High Dimensional Numerical Database Management: Preprocessing by Attribute Selection and Knowledge Discovery by Skyline Queries," 広島大学大学院工学研究科 (2009)(主査 森本康彦准教授).
  • 矢野憲, "A study of facial modeling and animation and free form surface reconstruction from triangular meshes," 広島大学大学院工学研究科 (2009)(主査 原田耕一教授).
  • 荻路剛,"A Study on Simple Cellular Automata and Logic Elements for Reversible Computing," 広島大学大学院工学研究科 (2010)(主査 森田憲一教授).
  • Priyadarshi Kanungo, "Parallel Genetic Algorithm Based Thresholding Schemes for Image Segmentation," National Institute of Technology - Rourkela, India (2010)(主査 Prof. Pradipta Ku. Nanda).
  • Nanik Suciati, "Edit Techniques on Wavelet-based Multiresolution Surface," 広島大学大学院工学研究科 (2010)(主査 原田耕一教授).
  • 宮崎龍二,"A Study on Application of Mesh Processing Based on the Geometric Feature," 広島大学大学院工学研究科 (2010)(主査 原田耕一教授).
  • 諸葛霞,"New Halftoning Algorithms and Halftoning-based Image Hiding Algorithms," 広島大学大学院工学研究科 (2011)(主査 中野浩嗣教授).

研究者データベースにおける情報

学術以外の事項

資格等

  • 第一種中型自動車運転免許(8トン限定)(1984. 9)
  • 第一種情報処理技術者 (1991. 7)
  • なにわなんでも大阪検定 第1回試験 2級・3級合格 (2009. 8) comment

趣味・特技

  • フィンランド語 comment
  • コントラバス演奏 comment
  • ウェブサイト制作 comment

commentのアイコンは,DOTS DESIGNこのページのものを使わせていただきました.

Japanese English